パートやアルバイトでもカードローンの借入は出来る

パートをしている主婦やアルバイトをしている方でもカードローンを作ることは可能です。銀行系カードローンの中にはパートやアルバイトでは作れない所もありますので、その点はきちんとチェックしてから申込を行うようにしましょう。

カードローンのメリットは多額の融資を受けることが出来るという点にありますが、パートやアルバイトの場合にはそれは厳しくなってしまいます。基本的にパートやアルバイトの方が受けることが出来る融資額というのは10万円〜30万円程度と考えておくと良いでしょう。収入が多くない場合にはそれ以上の融資を望むのは厳しいです。

パートやアルバイトの方がカードローンを作るときの審査では勤続年数が大切となります。勤続年数が短いということは、それだけ職を転々としていることになるのです。そういう方は安定した収入を得ているとは言えません。

パートやアルバイトでもしっかりと継続して仕事を続けているのであれば安定した収入を得ていると判断されます。もしも1年未満という場合にはカードローンの申込はしない方が懸命です。勤続年数が1年以上になってから申込を行うほうが確実に審査では有利になります。

どうしてもカードローンを作りたいというのであれば半年間は働いてから申込を行うようにしましょう。最低でも半年間の勤続年数がないとカードローンを作るのは厳しいです。

カードローンを利用したいと思って複数の申込を行わないように注意しましょう。申込みブラックに登録されてしまいますと、最低でも6ヶ月は記録が消えることはありません。焦りすぎないように気をつけて下さい。

携帯電話の支払い遅れがあるとカードローンの審査に不利

延滞記録が残ってしまいますと、信用情報機関に記録が残ってしまいます。延滞記録があるということは、お金の管理能力不足と判断されてしまい審査を通過することが厳しくなるのです。

携帯電話は大丈夫と考えている人も居ますが違います。携帯電話の支払いの遅延が合った場合でも、カードローンの審査の時に不利になってしまうのです。

携帯電話の契約を行う時に多くの人が、携帯電話本体の支払いを分割で行います。この携帯電話の本体の支払いはローンであって、もしも遅れた場合には信用情報機関に残ってしまうのです。

もしも本体の価格を支払っているのであれば問題ありませんが、分割ということになるとローン扱いになるということです。このことを知らない人が多く、分割払いを延滞してしまってブラックリストに入ってしまう人が沢山居らっしゃいます。

携帯電話の支払いくらいなら遅れてしまっても問題ないと思っていてはカードローンなどの時の審査にも影響を与えてしまうのです。

携帯電話の支払いなどもきちんと行っていくようにしましょう。カードローンだけではなく、ステータスの高いクレジットカードや住宅ローンも組むことが出来なくなってしまいます。

お金を借入するということは、それだけ信用が大切であるということです。過去に延滞記録が残ってしまっているというのは自分にとって不利な状況でしかありません。そういう状況を作らないように日々の生活を送って行くことが大切です。