カードローンの審査で重要な個人の信用情報を調べる方法

カードローンの審査で参照される個人情報

カードローンやマイカーローン、クレジットカード・・・生活している上でお金を金融機関から借入するということは誰しもがあることですね。

最近では、スマートフォンなどのかなり身近な商品も分割払いで気軽に購入ができるようになっていますが、これも要はローンの利用により購入しているということになります。

ローンを利用するには「審査」を受ける必要があります。この審査はお金を貸す側(債権者)が「本当に貸したお金を返してくれる能力のある人間か?信用をおけるのか?」という点を調査する作業となります。

では、審査はどの様な方法で行われているのでしょうか?

「探偵でも雇って身辺を確認して…」「身内や近所の人、職場にどのような人間かを確認して…」

なんて面倒な方法はしていません。日本には、信用情報機関という信用情報を取り扱う専門の機関があります。

  • 株式会社 シー・アイ・シー (CIC)
  • 全国銀行個人信用情報センター
  • 株式会社 日本信用情報機関 (JICC)

上記、3つの機関が国内にある全ての信用情報機関です。これらの機関には、個人の金融商品に関する様々な情報が集約されています。

登録されている個人の信用情報の例

  • 契約内容に関する情報(契約の種類・契約日・貸付日 等)
  • 返済状況に関する情報(入金日・完済日・延滞 等)
  • 取引事実に関する情報(債務整理・保証履行・強制解約 等)
  • その他住所などの個人情報や勤務先など

ローンの審査は、この登録されている情報を元に信頼おける人間かを判断し、審査を行います。

そうなってくると、自分の信用情報はどのような登録がされているかが気になりますよね?実は、この信用情報を自分の目で確認することができるのです。

逆に、第三者は本人の意思確認や委任状などがない限り調べることはできません。

その詳細な方法を紹介していきます。なお、この情報を見る手続のことを「開示手続き」と言います。

株式会社 シー・アイ・シー (CIC)の場合

インターネット開示・郵送開示・窓口開示の方法があります。ここでは「インターネット開示」の方法を紹介します。

パソコンでCICの情報開示をする場合

1.利用前の確認として手続きの確認事項を読んで下さい。

2.受付番号の取得をします。クレジット契約で利用した電話番号(固定電話・携帯電話)から下記電話番号に電話をします。

※受付番号取得ダイヤル:0570−021−717

3.自分の情報の入力をします。この際に2で取得した受付番号を入力する必要があります。

4.開示報告書の表示

PDFファイルをダウンロードし閲覧可能。※印刷可能。

※2,3の手続きは1時間以内に行ってください。

日本信用情報機関 (JICC)の場合

スマートフォンによる開示・郵送による開示・窓口での開示の方法があります。ここでは「郵送による開示」の方法を紹介します。

1.信用情報開示申込書を公式ホームページから印刷します。※プリンターを所有していない等で印刷できない場合は電話にて申込書を取り寄せが可能です。連絡先⇒0570−055−955

2.申込書に必要事項を記入後、郵送します。

郵送先 〒556−0011 大阪府大阪市浪速区難波中2−10−70 パークスタワー17F 株式会社日本信用情報機構 開示窓口宛

3.書類到着後、現住所へ1週間から10日で開示結果が郵送されていきます。

この様に、好きな方法で個人の信用情報を確認することができます。必要書類や手数料等の詳細情報の確認は各信用情報機関の公式サイトで確認してみてください。